写真

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード SA006-1
写真タイトル 空鞘町から爆心地に向って
撮影者(カナ) 尾木 正己(オキ マサミ)
撮影者(英語) Masami Oki
提供者(カナ) 広島原爆被災撮影者の会(ヒロシマゲンバクヒサイサツエイシャノカイ)
提供者(英語) Association of the Photographers of the Atomic (Bomb) Destruction of Hiroshima
撮影日時 1945年8月20日
撮影場所 空鞘町
ブロック別 十日市・中広地区
爆心地からの距離(m) 680
説明 空鞘町から爆心地に向って
空鞘神社付近から南東に向って。町工場や木造住宅の密集した爆心に近いこの地域は、熱線と爆風、その後の火災で全焼全壊した。左手前焼けた松の木らしい残骸付近が空鞘神社前。その奥左から千代田生命広島支店など、その右広島県商工経済会、農林中央金庫広島支所など。その右、広島県産業奨励館(原爆ドーム)、本川国民学校。

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941