被爆資料

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード 1102-0004
資料名 手提金庫
資料名(英語) Portable safe
寄贈者(カナ) 岡野 重次郎(オカノ ジュウジロウ)
寄贈者(英語) Jujiro Okano
受入年月日 1959/04/16
寸法(幅×高さ×奥行)(mm) 335×140×235
寸法(その他)
被爆地(旧町名) 猿楽町
被爆地(現町名) 大手町一丁目
爆心地からの距離(m) 80
数量 1
内容 猿楽町にあった岡重商店の地下室にあったもので、被爆後、店の跡地へバラックを建てて住んでいたときに見つけた。自宅は店に隣接していたが、次女の学童疎開をきっかけに吉見園の別宅へ移っていたため、幸い家族は無事だった。しかし、店では社員など2人が亡くなった。
ブロック別 平和記念公園・周辺地区
展示説明文 猿楽町の岡重商店の地下室にあったものです。社長の岡野重次郎さんの家は店に隣接していましたが、次女の学童疎開をきっかけに佐伯郡五日市町の別宅に移ったため、家族は全員被爆をまぬがれました。しかし、店は全焼し、社員と取引先の人が亡くなりました。被爆後の広島では「お宅ではどなたが亡くなりましたか?」ということばがあいさつのように言われていましたが、多くの人が家族を失っている中で、「うちは全員無事でした。」と答えるのがつらかったと重次郎さんは話していたそうです。
展示説明文(英語) The safe stood on the underground level of Okaju Store in Sarugaku-cho. President Jujiro Okano's house was attached to the store. When their second daughter departed Hiroshima for her school evacuation, they moved to their other house in Itsukaichi-cho, Saeki-gun. Thus, all family members survived. The store, however, was completely destroyed, with some staff and customers. After the bombing, the question “Who died in your family?”was a regular greeting in Hiroshima. When so many had lost family members, Jujiro found it hard to respond, “Everyone in my family was spared.”
資料性質 被爆資料
収蔵場所 収蔵庫3

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941