被爆資料

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード 1104-0001
資料名 倒れた娘にかけてあったカーテン
資料名(英語) Curtain that covered a fallen daughter
寄贈者(カナ) 大方 信之(オオカタ ノブユキ)
寄贈者(英語) Nobuyuki Okata
受入年月日 1977/11/05
寸法(幅×高さ×奥行)(mm) 1760×1410
寸法(その他)
被爆地(旧町名) 己斐町
被爆地(現町名) 己斐上二丁目
爆心地からの距離(m) 3050
数量 1
内容 県立広島第一高等女学校1年生大方弘子さん(当時13歳)は、学徒動員で、爆心地から約800mの土橋付近の建物疎開作業中に被爆した。父親の仁六(にろく)さんは、すぐに佐伯郡湯来町の自宅から自転車で駆けつけ、広島市内を捜しまわった。夕方己斐国民学校で、火傷で見分けのつかない負傷者の中から、履いていたズックの名前でやっと弘子さんを発見した。トラックに乗せて自宅に連れ帰ろうとしたが、弘子さんはそのトラックの上で息を引き取った。このカーテンは己斐国民学校のもので、倒れていた弘子さんの上にかけてあったもの。弘子さんの死後も仁六さんが大事に保存していた。
ブロック別 己斐・草津地区
展示説明文 県立広島第一高等女学校1年生の大方弘子さん(当時13歳)は、建物疎開作業現場で被爆、己斐国民学校に逃げました。父親の仁六さんは自転車で娘を捜し回り、夕方、履いていた靴の名前で弘子さんを発見しましたが、自宅へ連れ帰るために乗せたトラックの上で亡くなりました。このカーテンは、仁六さんが発見した時、弘子さんにかけてあったものです。
展示説明文(英語) Hiroko Okata (then,13) was a first-year student at First Hiroshima Prefectural Girl's High School. She was exposed at her building demolition worksite and fled to Koi National School. Her father, Jinroku, rode a bicycle to search the city for his daughter. That evening, he identified her by a shoe with her name on it, but she died on the truck that carried them home. This curtain was covering his daughter when Jinroku found her.
資料性質 被爆資料
収蔵場所 収蔵庫3

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941