被爆資料

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード 1202-0018
資料名 ガラス小瓶のかたまり
資料名(英語) Fused Lump of Small Glass Bottles
寄贈者(カナ) 藤塚 實(フジツカ ミノル)
寄贈者(英語) Minoru Fujitsuka
受入年月日 1966/10/27
寸法(幅×高さ×奥行)(mm) 340×160×270
寸法(その他)
被爆地(旧町名) 的場町
被爆地(現町名) 的場町一丁目
爆心地からの距離(m) 1800
数量 1
内容 藤塚忠さん(当時4歳)は、荒神橋西詰で遊んでいたとき被爆した。全身に大火傷を負い、一家で逃げこんだ東雲の防空壕の中で7日に死亡した。忠さんは6日の夜、幼稚園で習った「こいのぼり」の歌を繰り返し歌っていたという。9月終わり頃に復員した長兄の實さん(当時19歳)は、かわいがっていた弟の忠さんの死、また広島の変わり果てた姿に茫然とし、毎日市内を歩き回った。これはそんな時期に的場町の自宅前のインク工場跡の歩道部分から、下水管敷設工事の際、掘り出され、實さんがもちかえったもの。これをみて實さんは、「熱かったんじゃろうなあ・・・。」とつぶやいたという。
ブロック別 牛田・広島駅周辺地区
展示説明文 藤塚さんの家は全壊・全焼しました。屋外で被爆した忠くん(当時4歳)は全身にやけどを負い、翌日亡くなりました。9月に復員した實さん(当時19歳)は弟の死と変わり果てた広島のありさまにぼう然となりました。その後、自宅前にあったインク工場跡からガラス小瓶が掘り出されました。小瓶は、火災の熱で溶けてくっつき、かたまりになっていました。これを見た實さんは「熱かったじゃろうなぁ」とつぶやきました。
展示説明文(英語) The Fujitsuka home was totally crushed and burned. Tadashi (then 4) was exposed outside and received burns over his entire body. He died the next day. Minoru (then 19) returned from the military in September. He was stunned by his brother's death and the utter devastation of Hiroshima. Later, this lump of small glass bottles was dug up from the ruins of an ink factory in front of his house. The bottles were fused into a lump by the fire. When he saw it, Minoru mumbled, "Must have been really hot"
資料性質 被爆資料
収蔵場所 本館展示

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941