被爆資料

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード 1209-0056
資料名 恵比須像
資料名(英語) Ebisu Doll
寄贈者(カナ) 伊藤 薫(イトウ カオル)
寄贈者(英語) ITO Kaoru
受入年月日 1996/07/10
寸法(幅×高さ×奥行)(mm) 120×210×100
寸法(その他)
被爆地(旧町名) 西観音町二丁目
被爆地(現町名) 観音本町二丁目
爆心地からの距離(m) 1900
数量 1
内容 寄贈者伊藤薫さんの西観音町2丁目の自宅にあったもの。当日は、妻の芳江さんだけが自宅に居り、爆風で倒壊した家の下敷きとなったが、一命をとりとめ、3日後に薫さんと再会した。大阪空襲で焼け出され、同居していた叔父の広谷瀬一さんは被爆後、鳥取県にいる家族の元まで逃れたが、1週間後に死亡した。薫さんは、被爆して約1ヶ月後、自宅焼け跡にもどりこの像を見つけた。信心深かった瀬一さんが仏壇代わりに朝晩拝んでいたもので、これを見た瞬間、叔父の祈りで家族が救われたような気がしたという。
ブロック別 吉島・舟入・観音地区
展示説明文 伊藤薫さん(当時31歳)の家は、原爆による高熱火災ですべて焼きつくされた。焼け跡には黒焦げになったえびす像とだいこく像が残されていた。
展示説明文(英語) The home of Kaoru Itoh (31 at the time) was reduced to ashes by the intense conflagration ignited by the A-bomb. These charred Ebisu and Daikoku dolls were found in the ruins.
資料性質 被爆資料
収蔵場所 巡回展示用J

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941