被爆資料

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード 2104-0159
資料名 固着した銚子
資料名(英語)
寄贈者(カナ) 澤田 リツ子(サワダ リツコ)
寄贈者(英語) Ritsuko Sawada
受入年月日
寸法(幅×高さ×奥行)(mm) 250×150×160
寸法(その他)
被爆地(旧町名) 東白島町
被爆地(現町名) 東白島町
爆心地からの距離(m) 1450
数量 1
内容 寄贈者の夫沢田鎮雄さん(当時42歳)が、被爆から3ヵ月ぐらい後に、東白島町の自宅焼跡で収集したもの。鎮雄さんは、勤務先の広島市庁舎で被爆した。左足が、爆風で倒れた窓口の鉄柵の下敷きになり、骨折した。
ブロック別 基町・白島地区
展示説明文 夫の澤田鎮雄さん(当時42歳)が、被爆から約3カ月後に自宅焼け跡から収集したものです。原爆による高熱火災のため、ガラスが溶けて固着しています。
展示説明文(英語)
資料性質 被爆資料
収蔵場所 巡回展示用L

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941