被爆資料

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード 3101-0083
資料名 中学生の学生服
資料名(英語) Junior high student's uniform
寄贈者(カナ) 河野 寿(コウノ タモツ)
寄贈者(英語) Tamotsu Kono
受入年月日 1973/06/30
寸法(幅×高さ×奥行)(mm) 190×450
寸法(その他)
被爆地(旧町名) 中島新町
被爆地(現町名) 中島町
爆心地からの距離(m) 600
数量 1
内容 県立広島第二中学校1年生の河野武雄さん(当時14歳)は、中島新町の建物疎開作業現場で被爆し、死亡した。爆風で川に飛ばされたのか、翌日、兄の寿一さんが新大橋付近の土手で遺体を発見したところ、川の水を大量に飲んでおり、お腹は飲んだ水でふくれあがり、鼻からは大量の水が出て辺りをぬらしていたという。現地で荼毘に付する前に脱がせられるだけのものを脱がした。それが遺品の全てである。
ブロック別 吉島・舟入・観音地区
展示説明文 県立広島第二中学校1年生の河野武雄さん(当時14歳)遺品。武雄さんは、動員学徒として建物疎開作業中に被爆しました。爆風で川に飛ばされたのか、翌日、兄の寿一さんが新大橋付近の土手で死んでいる武雄さんを発見したところ、川の水を大量に飲んでおり、お腹は飲んだ水で膨れ上がり、鼻からは大量の水が出て辺りをぬらしていたといいます。現地で荼毘に付す前に、できるだけ脱がせたものが遺品の全てとなりました。
展示説明文(英語) Strip of cloth from a student’s uniform
Donated by Tamotsu Kono
This strip of cloth was part of the school uniform worn by Takeo Kono (then, 14), who was in Class 6 of the seventh grade. The day after the atomic bombing, his older brother Junichi discovered Takeo’s body on the riverbank near Shin-ohashi Bridge, roughly 620 meters from the hypocenter. According to Takao’s father, Tamotsu, “The blast evidently flung Takao into the Honkawa River. Though severely injured, he was a strong swimmer and managed to crawl up on the riverbank. He had evidently drunk river water, because his stomach was bloated and water pouring from his nose had moistened the area around him.” Before cremating him on the spot, they removed what they could from the body, and those items became their only keepsakes.
資料性質 被爆資料
収蔵場所 収蔵庫2

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941