被爆資料

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード 3101-0106
資料名 焼け跡で見つけられた制服
資料名(英語) School uniform found in the burnt-out ruins
寄贈者(カナ) 石崎 秀一(イシザキ シュウイチ)
寄贈者(英語) Shuichi Ishizaki
受入年月日 1994/11/22
寸法(幅×高さ×奥行)(mm) 1000×400
寸法(その他)
被爆地(旧町名) 土橋付近
被爆地(現町名) 土橋付近
爆心地からの距離(m) 800
数量 1
内容 県立広島第一高等女学校1年生の石崎睦子さん(当時12歳)は、土橋付近の建物疎開作業現場で被爆した。父の秀一さん(当時42歳)は、帰ってこない娘を心配し、来る日も来る日も捜したが、遺体すら見つからなかった。この制服は、秀一さんの着物の生地で作った物で、作業現場にうずたかく積まれていた瓦の下から、8月20日頃睦子さんを捜しているときに見つけたもの。作業前に畳んで物陰に置いていたために焼失を免れたらしい。怪我を負って娘を探しに行けなかった母親の安代さん(当時37歳)は、娘の帰りを信じて待っていたが、夫の持ち帰ったこの制服を見て泣き伏した。
ブロック別 十日市・中広地区
展示説明文 県立広島第一高等女学校1年生の石崎睦子さんは、動員学徒として建物疎開作業中に被爆。一緒に作業に出た同級生全員が死亡した。遺体は発見されなかったが、作業前に畳んで物陰に置いてあったため焼失を免れた制服を、父親が見つけ、持ち帰った。
資料館図録「ヒロシマを世界に」掲載資料P51
展示説明文(英語) Mutsuko Ishizaki, a first-year student at First Hiroshima Prefectural Girls High School, was exposed as a mobilized student engaged in demolition work. She perished with all the other students in her group. Her body was never found, but this uniform, unburned because she had removed it and left it in the shade before beginning work, was brought back by her father.
資料性質 被爆資料
収蔵場所 巡回展示用C

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941