被爆資料

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード 3101-0110
資料名 上着
資料名(英語) Jacket
寄贈者(カナ) 吉川 房太郎(キッカワ/ヨシカワ フサタロウ)
寄贈者(英語)
受入年月日
寸法(幅×高さ×奥行)(mm) 710×930
寸法(その他)
被爆地(旧町名) 己斐町
被爆地(現町名) 己斐本町一丁目
爆心地からの距離(m) 2500
数量 1
内容 吉川房太郎さんは大竹町義勇隊員として出動中、己斐駅付近で被爆した。
ブロック別 己斐・草津地区
展示説明文 原爆記念館に展示されていた上着
爆心地から約1,800m 福島町 吉川房太郎寄贈
吉川房太郎さんは大竹町(現在の大竹市)の義勇隊員として広島市内の建物疎開作業現場へ向かう途中、被爆しました。顔と両手首から指先にかけて火傷を負い、その後、生き残った隊員たちとともに救援列車に乗り、自宅へ戻りました。当日は火傷による激しい痛みで眠ることができず、翌日からは顔の左半分が腫れ上がり、しばらくの間、痛みと発熱に苦しみました。上着は当日着ていたもので、熱線を受けて肩からかけていた水筒とかばんの紐の跡が残っています。
展示説明文(英語) Jacket exhibited in the A-bomb Memorial Hall
1,800 m from the hypocenter Fukushima-cho
Donated by Fusataro Kikkawa
Fusataro Kikkawa was a member of a volunteer team from Otake-cho (current Otake City). He was exposed to the atomic bombing on his way to his building demolition worksite in Hiroshima City. He suffered burns on his face, and on both hands from his wrists to his fingertips. He boarded a rescue train with the other team members who survived, and returned home. He was unable to sleep that day due to the severe pain from his burns. The next day, the left side of his face was swollen. He endured pain and fever for several days. He was wearing this jacket that day. The parts that were covered by the straps for the water bottle and bag that were hanging across his body were left unchanged.
資料性質 被爆資料
収蔵場所 その他

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941