被爆資料

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード 3110-0003
資料名 血染めのハンカチ
資料名(英語) Blood-stained handkerchief
寄贈者(カナ) 大木 セツコ(オオキ セツコ)
寄贈者(英語) Setsuko Oki
受入年月日 1997/05/26
寸法(幅×高さ×奥行)(mm) 360×360
寸法(その他)
被爆地(旧町名) 松原町
被爆地(現町名) 松原町
爆心地からの距離(m) 1900
数量 1
内容 大木セツコさん(当時35歳)は、実家に帰ろうと広島駅に手荷物を預けた直後に被爆した。真っ暗闇の中、無我夢中で駅から這い出し、駅前にあった兄嫁の店に駆けつけると、家は潰れ、瓦礫の下で兄嫁は6歳の娘を抱えて死亡していた。抱きかかえられたためか、無事だったこの子を助け出し駅に戻ったセツコさんは、同行していた堀本スマ子さんと再会したが、スマ子さんは瀕死の重傷を負っており、まもなく亡くなった。翌7日、セツコさんら2人は向洋から汽車に乗り、ようやく郷里の福山に帰ることができた。このハンカチに残る血痕は、スマ子さんのものである。
ブロック別 牛田・広島駅周辺地区
展示説明文 大木セツコさんは実家へ帰る途中、広島駅で被爆しました。セツコさんは幸い軽傷でしたが、同行していた知人は亡くなりました。このハンカチの血痕は、亡くなる直前の知人が吐血したものです。
展示説明文(英語) Setsuko Oki was exposed to the bomb at Hiroshima Station on her way to her parents house. Setsuko suffered only light injuries, but a friend who was with her was killed. The blood staining this handkerchief was vomited by her friend just before she died.
資料性質 被爆資料
収蔵場所 収蔵庫2

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941