被爆資料

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード 3301-0005
資料名 軍靴
資料名(英語) Army Boots
寄贈者(カナ) 森 伊佐吉(モリ イサキチ)
寄贈者(英語) Isakichi Mori
受入年月日
寸法(幅×高さ×奥行)(mm) 100×150×290
寸法(その他)
被爆地(旧町名) 二葉の里
被爆地(現町名)
爆心地からの距離(m) 1,700
数量 1
内容 森克則さん(当時20歳)は、中国配電(現在の中国電力)に勤めていたが、8月1日に召集され、6日に二葉の里(爆心地から1,700m)で被爆した。克則さんは、そこから己斐の山まで歩き、己斐からまた東原の自宅まで歩いて帰ってきた。帰ってきた時、克則さんは無傷で元気だったため、父の伊佐吉さんは克則さんを部隊へいったん戻らせた。しかし次に戻ってきた時には、克則さんの髪の毛は全て抜け落ちていた。その後、克則さんは31日に亡くなるまでずっと寝たきりだった。克則さんは水を欲しがったが、飲ませてはいけないと聞いていたため、誰も飲ますことができず、克則さんは自分で水場まで這っていたという。
これは克則さんが被爆時に履いていた軍靴。
 克則さんの弟で、県立広島工業学校1年生だった光男さん(当時13歳)も、爆心地から約700メートルの中島新町(現在の中島町)で建物疎開作業中に被爆し、元安橋の下手の石段で座っている状態で亡くなっているのを、母のイツノさんによって発見された。
ブロック別 牛田・広島駅周辺地区
展示説明文 森克則(もり・かつのり)さん 当時20歳
爆心地から1700m 二葉の里で被爆

克則さんの靴
寄贈/森伊佐吉氏

森克則さんは、8月1日に召集され、6日に被爆しました。髪の毛が全て抜け落ちた克則さんは、31日に亡くなるまで、寝たきりが続きました。水を欲しがりましたが、飲ませてはいけないと聞いていたため、誰もあげることができず、克則さんは夜中に自分で水場まで這っていたそうです。
弟の光男くんは、学徒動員で建物疎開作業中に被爆しました。帰ってこない光男くんを心配した家族は光男くんを捜しに行きました。9日、光男くんを見つけたのはお母さんでした。光男くんは元安橋の石段に座ったまま亡くなっていました。お母さんは自分が縫った袋と、焼け残っていた衣服の一部と、頭のおできのあとで、我が子だと分かったそうです。
展示説明文(英語) Katsunori Mori 20 years old at the time
Exposed to the bomb at Futabanosato, 1,700m from the hypocenter

Katsunori's shoes
Donated by Isakichi Mori

Katsunori Mori had been drafted on August 1 and was exposed to the bombing on the 6th. All of his hair fell out and he was permanently bedridden until he passed away on the 31st. He wanted water, but his family had heard that victims must not be given water to drink, and so nobody gave him any. Setsuko says that Katsunori crawled out by himself in the middle of the night to a place where there was water.
His younger brother Mitsuo was exposed to the bombing while helping building demolition as a mobilized student. His family became worried about Mitsuo when he did not return home, and they went in search of him. It was his mother who found Mitsuo, on the 9th. He had passed away still sitting on the stone steps of the Motoyasu Bridge. Setsuko says his mother recognized him as her own child from a bag she had sewn herself, some remnants of his burned clothing, and the mark left over from a swelling on his head.
資料性質 被爆資料
収蔵場所 収蔵庫2

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941