被爆資料

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード 3303-0001
資料名 下駄
資料名(英語) Wooden sandal
寄贈者(カナ) 井上 冨子(イノウエ トミコ)
寄贈者(英語) Tomiko Inoue
受入年月日 1963/07/16
寸法(幅×高さ×奥行)(mm) 235×30×90
寸法(その他)
被爆地(旧町名) 木挽町
被爆地(現町名) 中島町
爆心地からの距離(m) 550
数量 1
内容 美代子さん(当時13歳)は、市立第一高等女学校1年生の建物疎開作業現場で被爆し、死亡した。遺体は確認することができないまま、この下駄が母親によって2か月後に発見された。母親の着物で作った鼻緒で美代子さんのものとわかった。
ブロック別 平和記念公園・周辺地区
展示説明文 市立第一高等女学校1年生の美代子さん(当時13歳)は、建物疎開作業現場で被爆し、死亡しました。遺体は確認することができないまま、母親がこの下駄を2か月後に見つけました。母親の着物で作った鼻緒から、美代子さんのものと分かりました。下駄には左足の足跡が残っています。
展示説明文(英語) Miyoko (then 13) was a first-year student at First Municipal Girls High School. She was exposed to the bomb at her building demolition work site. Her body was never found, but her mother found this wooden sandal two months later. She recognized it by the straps that she had made herself using material from her kimono. The print of Miyoko's left foot remains on the sandal.
資料性質 被爆資料
収蔵場所 本館展示

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941