被爆資料

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード 3101-0097
資料名 中学生の学生服
資料名(英語) Junior high student's uniform
寄贈者(カナ) 河本 忠雄(コウモト タダオ)
寄贈者(英語) Tadao Komoto
受入年月日 1973/01/18
寸法(幅×高さ×奥行)(mm) 740×550
寸法(その他)
被爆地(旧町名) 中島新町
被爆地(現町名) 中島町
爆心地からの距離(m) 700
数量 1
内容 県立広島工業学校1年生の河本梶雄さん(当時12歳)は、動員学徒として中島新町の建物疎開作業現場で被爆し、消息を絶った。父の来さん(当時46歳)と兄の忠雄さん(当時18歳)は、梶雄さんが被爆したと思われるあたりで、一人一人の遺体をひっくり返して必死に梶雄さんを捜した。3日後に梶雄さんの学生服の上着を、被爆場所から数百メートル北側の本川べりで発見したが、梶雄さんの行方は分からなかった。山県郡の自宅で梶雄さんの帰りを待っていた母・君代さん(当時36歳)は、毎日気が狂わんばかりに、息子の消息を求めていた。結局、どうしても梶雄さんの行方は分からないまま、その年の9月ごろ、この学生服を遺骨代わりに自宅で葬儀が行われた。その後、被爆後多くの負傷者が運ばれた似島から、梶雄さんの遺骨と形見となった財布が送られてきた。

妹の満子さん(当時9歳)のお話から
優しく、利発で賢い兄でした。すぐ上の兄だったので、魚釣りやビー玉でよく遊びました。被爆の数日前、短い休みで帰省してきた兄と近所の川で釣りをして遊び、「今度帰るときにはお土産買ってきてね」と別れました。まさかその時には、それが最後の別れになるとは思いもしませんでした。被爆後、父と長兄が市内を捜しまわりましたが、どうしても行方は分かりませんでした。山県郡の実家で待っていた母は、近所に市内から帰った子どもがいると聞くと、兄も帰ってきてはいまいか、少しでも消息はないかと、毎日気も狂わんばかりにその家に通っていました。結局、兄は見つからず、焼け跡で見つけた兄の学生服で9月ごろお葬式をしました。背中が破れていたのを覚えています。それからしばらく経って、似島から「遺骨がある」と連絡が来ました。兄と一緒に似島へ運ばれた友人が、兄が先に亡くなった時「河本梶雄君だ」と伝えてくれたので、名前が分かったようです。
ブロック別 吉島・舟入・観音地区
展示説明文 梶雄さんが被爆当日着ていた学生服
寄贈/河本忠雄氏
爆心地から約700m 中島新町(現在の中島町)
県立広島工業学校1年生の河本梶雄さん(当時12歳)は、動員学徒として建物疎開作業中に被爆しました。父親の来さんらの必死の捜索にも関わらずその行方は分からないまま、3日後にこの学生服だけが見つかりました。必死に家に帰ろうとしていたのでしょうか、被爆した場所より、数百メートル北へ向かった川岸でした。9月になって、依然として行方は分からないまま、この学生服を遺骨代わりに葬儀が行われました。梶雄さんの遺骨があると、家族に連絡が届いたのはそれからしばらく後のことでした。

「あの日、曲がり角で手を振って別れたのが、まさかこの世の別れになるなんて」
妹・海老原満子さん(当時9歳)のお話から
年齢も近く優しい兄で、私たちは仲良しでした。兄が好きだった魚釣りやビー玉をしてよく遊んでいました。山県郡の実家を離れて中学へ進み、いつもは広島市内で下宿生活を送っていた兄でしたが、被爆直前の8月3日頃、短い休みで帰省してきました。広島へ帰る兄に、今度帰るときにはお土産を買ってきてね、と曲がり角で手を振って別れたのがこの世の別れになるなんて、思いもしませんでした。母は毎日気も狂わんばかりに兄の消息を求め、帰りを待っていました。9月になって、兄の行方は分からないまま、この学生服を遺骨代わりにお葬式をあげました。背中が破れていたのを、今でも覚えています。原爆の恐ろしさと、今後平和な世界が永遠に続きますようにと、この学生服が語りかけていると少しでも感じていただけたならと思います。
展示説明文(英語) The school uniform Kajio was wearing when he was A-bombed
Donated by Tadao Komoto
Exposed to the bomb at Nakajima-shin-machi (now, Nakajima-cho), 700m from the hypocenter
Kajio Komoto (then,12), a first-year student at Hiroshima Prefectural Industrial School, was A-bombed while at a building demolition site, where he was working with other mobilized students. His father, Kitaru, and others frantically searched for him, but they were unable to find him. Three days later, only Kajio's school uniform was found. He probably had desperately attempted to go home. The uniform was found by the river several hundred meters north of the demolition site. In September, while his body was still missing, his family performed a funeral ceremony using the uniform in place of his remains. It was some time later that the family was notified that Kajio's remains had been found.

I waved goodbye to him at the corner. . . I never imagined that that would be the last time.
Mitsuko Ebihara (then,9), Kajio's younger sister, relates:
"My brother was gentle and only a few years older, and we were very close. We used to play together a lot, fishing and shooting marbles, both of which he enjoyed very much. To go to junior high school, he left our parents' home in Yamagata District and lived in Hiroshima City as a boarder. Around August 3, just before the atomic bombing, he came home for a short break. When he set out to return to Hiroshima, I asked him to bring me a gift next time and waved goodbye to him at the corner. . . I never imagined that that would be the last time I would see him alive. My mother was beside herself, frantically inquiring where he might be and every day desperately waiting for his return. In September, while we still didn't know where his body might be, we held a funeral, using this school uniform as his remains. I still recall how the back of the jacket was torn. I hope you can understand what the uniform speaks of: the terror of the atomic bomb and a great longing for an eternally peaceful world."
資料性質 被爆資料
収蔵場所 収蔵庫2

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941