被爆資料

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード 5202-0221
資料名 丸瓦
資料名(英語) Round Roof Tile
寄贈者(カナ) 神崎 トシエ(カンザキ トシエ)
寄贈者(英語)
受入年月日 1980/05/22
寸法(幅×高さ×奥行)(mm) 220×70×170
寸法(その他)
被爆地(旧町名) 袋町
被爆地(現町名) 袋町
爆心地からの距離(m) 500
数量 1
内容 袋町の日本銀行の右隣りにあった小路に面していた自宅の屋根にあった瓦。当時、八本松町の実家に帰っていて、被爆をまぬかれたが、先妻の娘広子さん(松宮広子さん)が被爆死した。父親春一さんが瓦をとりに行った。(約400m)
ブロック別 紙屋町・本通地区
展示説明文 爆心地から約600メートル以内にあった瓦は、直接熱線を受けた部分の表面が溶けて、ブツブツの泡状となった。
展示説明文(英語) Roof tile surfaces within 600m of the hypocenter melted, becoming rough and bubbly where they were exposed to direct heat rays.
資料性質 被爆資料
収蔵場所 収蔵庫3

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941