被爆資料

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード 9102-0004
資料名 太平洋戦争中にまかれたビラ
資料名(英語) Propaganda slips dropped on Hiroshima during the world war Ⅱ
寄贈者(カナ) 岡村 道信(オカムラ ミチノブ)
寄贈者(英語) Michinobu Okamura
受入年月日 1956/04/23
寸法(幅×高さ×奥行)(mm) 110×210
寸法(その他)
被爆地(旧町名) 三篠本町一丁目
被爆地(現町名) 三篠町一丁目
爆心地からの距離(m) 1900
数量 1
内容 寄贈者の兄岡村健二さん(当時20歳)は、自宅近くの路上で被爆した。これは、1945(昭和20)年春頃に、千田町で米軍機からばら撒かれたものを拾ったもの。当日も教科書にはさんで持ち歩いていた。ビラの内容は、空襲の警告や反戦・厭戦思想を宣伝したものだったが、原子爆弾による攻撃については、事前には一切予告されたことはなかった。
ブロック別 三篠・祇園地区
展示説明文 アメリカの声

ラジオの放送予定時刻を掲載し、アメリカの放送を聞くよう勧めています。
展示説明文(英語) Voice of America

This bill offers the times of planned American radio broadcasts and recommends that people listen to those broadcasts.
資料性質 被爆資料
収蔵場所 収蔵庫2

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941