被爆資料

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード 9203-0011
資料名 手帳
資料名(英語) Pocket notebook
寄贈者(カナ) 小田 容子(オダ ヨウコ)
寄贈者(英語)
受入年月日 1996/05/20
寸法(幅×高さ×奥行)(mm) 135×75×10
寸法(その他)
被爆地(旧町名) 小町
被爆地(現町名) 中町
爆心地からの距離(m) 500
数量 1
内容 広島市役所税務課に勤務していた辻岡義雄さん(当時38歳)は、出勤途中に白神社前付近の電車内で被爆した。妻正子さん(当時33歳)や長女の悦子さん(当時11歳)ら家族は、半壊した自宅で火の海の市街地を眺めながら、朝元気な姿で出勤していった義雄さんを「きっと帰ってくる」と信じて待っていた。8日に義雄さんが知人宅にいることが判明、翌日正子さんが迎えに行くと、右半身に火傷、頭部に打撲を負っていたが、被爆後比治山や船越の救護所に身を寄せたことを語り、九死に一生を得たと話していた。しかし懸命な看護の甲斐もなく、8月10日朝、妻と娘に看取られながら息を引き取った。これは当日義雄さんが身につけていたもの。
ブロック別 紙屋町・本通地区
展示説明文 父親の辻岡義雄さんは通勤途中に被爆し、同僚に助けられたが3日後に死亡した。その時、持っていた品々である。
展示説明文(英語) Her father, Yoshio Tsujioka, was exposed to the A-bomb on his way to work. He received help from a co-worker, but died three days later.
資料性質 被爆資料
収蔵場所 収蔵庫2

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941