被爆資料

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード 2101-0703
資料名 湯飲み
資料名(英語)
寄贈者(カナ) 三宅 加代子(ミヤケ カヨコ)
寄贈者(英語) Kayoko Miyake
受入年月日 2005/07/21
寸法(幅×高さ×奥行)(mm)
寸法(その他) 70φ×45
被爆地(旧町名) 牛田町
被爆地(現町名) 牛田本町
爆心地からの距離(m) 2400
数量 1
内容 国民学校2年生だった三宅加代子さん(当時7歳)は、自宅近くで被爆した。自宅へ帰ると、自宅で被爆した祖母のチセさん(当時60歳)は頭部を負傷していた。加代子さんは、チセさんや妹の栄子さん(当時5歳)らとともに、地区の避難先に決められていた牛田国民学校へ避難した。母親の政枝さん(当時36歳)は、弥生町の友人宅で被爆。倒壊した建物の下敷きになったがなんとか抜け出すことが出来た。負傷し血だらけになり、着衣もボロボロになっていたが、約1週間後、一家は牛田国民学校で再会することが出来た。自宅焼け跡から掘り出したこの茶碗は、戦後も大切に使用し保管していた。
ブロック別 牛田・広島駅周辺地区
展示説明文 自宅の焼け跡からほりだした茶碗 
寄贈/三宅加代子(みやけ かよこ)氏
爆心地から約2,400m 牛田町(現在の牛田本町)
三宅加代子(当時7歳)さんは、自宅近くで被爆。自宅は爆風で壊れ、家にいた祖母のチセ(当時60歳)さんは頭に傷を負いました。やがて自宅は延焼し、加代子さんは、チセさんや妹たち(翻訳用:一緒に逃げたのは、加代子さん・チセさん・加代子さんの妹・チセさんの姉の4人)とともに、牛田国民学校へ避難しました。外出先で被爆し負傷した母親の政枝(まさえ)さんも約1週間後にそこへたどり着き、一家は涙の再会を果たすことが出来ました。この茶碗は自宅焼け跡から掘り出したもので、戦後も大切に使用していました。
展示説明文(英語) Bowl dug from the ruins of her home
Donated by Kayoko Miyake
Approx. 2,400m from the hypocenter, Ushita-machi (now, Ushita-hon-machi)
Kayoko Miyake (then, 7) was exposed near her house, which was knocked down by the blast. In the house, her grandmother Chise (then, 60) received a wound to the head. Soon their house burned down. Kayoko, Chise, Kayoko’s younger sister, and Chise’s older sister all fled to Ushita Elementary School. The girls’ mother, Masae, who had been exposed and injured away from the house, managed to get to the school about a week later. The family was tearfully reunited. The family dug this bowl from the ruins of their house and continued to use and treasure it long after the war.
資料性質 被爆資料
収蔵場所 収蔵庫3

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941