被爆資料

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード 1208-0019
資料名 壁掛け時計
資料名(英語) Wall clock
寄贈者(カナ) 広島市立己斐小学校(ヒロシマシリツコイショウガッコウ)
寄贈者(英語) Hiroshima Municipal Koi Elementary School
受入年月日 2008/09/19
寸法(幅×高さ×奥行)(mm) 235×580×180
寸法(その他)
被爆地(旧町名) 己斐町
被爆地(現町名) 己斐中二丁目
爆心地からの距離(m) 3000
数量 1
内容 当時15歳だった竹本和雄さんは、学徒動員先の三菱重工広島造船所で被爆した。
己斐町で竹屋米店を営んでいた帰ると、爆風で屋根が浮き上がり、ガラス窓が飛び散っていた。壁にかけていたこの時計は、時間がそのまま止まっていた。
ブロック別 己斐・草津地区
展示説明文 当時、米の配給所となっていた竹屋米店で被爆したものです。竹屋米店では、原爆投下により屋根が浮き、ガラス窓が飛び散りました。この時計は、壁に掛けてあったもので、時間がそのまま止まっていました。この資料は、己斐小学校の生徒たちが、学校付近を調査し、原爆に関する資料を集めたときに収集したもので、このたび当館に寄贈されました。
展示説明文(英語) This wall clock was exposed to the bomb at Takeya Rice Store, which had served as a distribution center. The store sustained significant damage, with its roof displaced and windowpanes shattered. This clock was hanging on the wall but it stopped ticking with its hands indicating the time of the A-bombing. It was collected by students at Koi Elementary School during a school project that solicited A-bomb related materials in the community. It was recently donated to the Peace Memorial Museum.
資料性質 被爆資料
収蔵場所 収蔵庫3

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941