被爆資料

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード 2201-0096
資料名 変形したビールびん
資料名(英語)
寄贈者(カナ) 濵嵜 正夫(ハマサキ マサオ)
寄贈者(英語) HAMASAKI Masao
受入年月日 2013/4/4
寸法(幅×高さ×奥行)(mm) 205×95×67
寸法(その他)
被爆地(旧町名) 己斐町
被爆地(現町名) 己斐本町
爆心地からの距離(m) 2600
数量 1
内容 濵嵜正夫さんとその家族は、正夫さんの仕事の関係で、当時北京におり、被爆は免れた。一家は終戦後の昭和21年(1946年)3月に帰広。このビールびんは、正夫さんと正夫さんの妻・久代さんが、己斐にあった自宅で、瓦礫などを片付けていた際に見つけたもの。生前、久代さんは当時の広島の様子を「焼け野原で、広島駅の方まで見えた」と娘や孫に話していた。
ブロック別 己斐・草津地区
展示説明文 変形したビールびん
寄贈/濵嵜正夫[ハマサキ マサオ]
爆心地から2,600m 己斐町[コイマチ](現在の己斐本町[コイホンマチ])
寄贈者・濵嵜正夫さんと妻・久代[ヒサヨ]さんが、被爆した自宅でがれきを片付けていた際に見つけたものです。
展示説明文(英語) Disfigured beer bottle
Donated by Masao Hamasaki
2,600m from the hypocenter Koi-machi (now, Koi-hon-machi)
Masao Hamasaki, the donor, and his wife, Hisayo, found this bottle when they were cleaning up the ruins of their house, which had been exposed to the atomic bomb.
資料性質 被爆資料
収蔵場所 収蔵庫3

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941