被爆資料

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード 3105-0016
資料名 子ども用着物
資料名(英語) Child's best kimono
寄贈者(カナ) 鈴木 富美子(スズキ フミコ)
寄贈者(英語) SUZUKI Fumiko
受入年月日 2014/8/27
寸法(幅×高さ×奥行)(mm) 830×830
寸法(その他)
被爆地(旧町名) 己斐町
被爆地(現町名) 己斐上四丁目
爆心地からの距離(m) 3200m
数量 1
内容 寄贈者の鈴木富美子さん(当時1歳3か月)は、母・輝子(てるこ)さん(当時40歳)、父・右一(ういち)さん(当時35歳)、祖母・フサさん(当時74歳)とともに、市内中心部の自宅から約3km離れた茶臼山の頂上にあった知人宅へ、毎晩、夜だけ疎開していました。1945(昭和20)年8月5日、その夜は、連日の徒歩での移動に疲れていたのか、祖母のフサさんだけが、どうしても行かないと言い、自宅に残りました。6日の朝、三人が自宅へ帰ろうと支度していると、突然ピカーと光り、少しして大きな地響きがしました。外に出て市内を見下ろすと、あちこちから火の手が上がり、見る見るうちに市内全域が火の海となりました。三人にけがはありませんでしたが、いくら待っても、フサさんが避難して来ることはありませんでした。8月9日、親子三人で河原町の自宅へ行くと、家は全焼し、フサさんの姿はどこにもありませんでした。14日にスコップを借りて、自宅焼け跡を掘り起こすと、台所の下、深さ1メートルぐらいの所で、半焼死体となったフサさんを発見しました。市内で被爆した輝子さんの姉・三千代(みちよ)さんも、輝子さんの必死の看病もむなしく、髪が抜け、高熱を発し、紫斑が出て9月初旬に息を引き取りました。この着物は疎開していた家で被爆したもので、屋根が飛んだために黒い雨が降りこみ、しみが残りました。母と姉を失い、戦後苦労しながら富美子さんを育て上げた輝子さんは、この着物だけは手放さず大切に保存していました。
ブロック別 己斐・草津地区
展示説明文 子ども用の晴れ着
寄贈/鈴木富美子氏
爆心地から3,200m  己斐町(現在の己斐上4丁目)
 河原町に住んでいた鈴木家は、毎日夜だけ知人宅へ疎開していました。
 8月5日の夜、連日の移動に疲れていたのか、祖母のフサさん(当時74歳)だけが、どうしても行かないと言い、自宅に残りました。
 翌日の朝、父の右一さん(当時35歳)、母の輝子さん(当時40歳)、富美子さん(当時1歳)が自宅へ帰ろうと支度をしている時でした。突然ピカーと光り、少しして大きな地響きを立て、ドーンという音がしました。市内を見下ろすと、あちこちから火の手が上がり、見る見るうちに市内全域が火の海となりました。自宅に残っていたフサさんは、いくら待っても逃げて来ることはありませんでした。
 8月14日、自宅の焼け跡を掘り起こすと、台所の下で半焼死体となったフサさんが見つかりました。
 この晴れ着は、疎開先の知人宅に置いていましたが、屋根が吹き飛んだため、黒い雨が降り込み、染みが残りました。
(富美子さんのお話より)
母は長い間原爆の話を口にすることはありませんでしたが、私が結婚した後、初めて原爆のことを話し、手帳を申請することになりました。私の就職や結婚のことを考えて、黙っていたのかもしれません。
染みは洗っても落ちることはありませんでしたが、母はこの着物を行李に入れ、大切にしていました。
展示説明文(英語) Child's best kimono
Donated by Fumiko Suzuki
3,200 m from the hypocenter Koi-machi (now, Koi-ue 4-chome)
The Suzuki family lived in Kawara-machi. Every evening, they evacuated to the house of an acquaintance to avoid night-time air raids.
  On the evening of August 5, Grandmother Fusa (then, 74) refused to leave and she stayed at their home. She was probably tired from going back and forth to their acquaintance's house every day.
  On the following morning, Father Uichi (then, 35) and Mother Teruko (then, 40), and their daughter Tomiko (then, 1) were getting ready to return their home. Then, there was a sudden flash of light, followed by a rumbling of the earth and a massive roar. When they looked down the city center, there was fire everywhere, and the entire city had transformed into a blazing inferno in a moment. No matter how long they waited for Fusa, she never appeared.
  On August 14, when they excavated the burnt-out ruins of their house, they found Fusa in the kitchen, partially burned by the fire.
  This child's best kimono had been kept at their acquaintance's house where they evacuated. Since the roofs of the house were blown off, black rain fell in and left black stains on the kimono.
(From Fumiko's account)
My mother Teruko didn't mention the atomic bombing for a long time. It was after I got married when she first talked about it, and then we applied for an Atomic bomb Survivor's Certificate. She probably had kept silent out of concern for my employment and marriage.
This kimono was washed repeatedly, but the stains could never be removed. My mother kept it in a wicker trunk and took good care of it.
資料性質 被爆資料
収蔵場所 収蔵庫2

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941