被爆資料

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード 1205-0081
資料名 花びん
資料名(英語) Flower vase
寄贈者(カナ) 石田 泰三(イシダ タイゾウ)
寄贈者(英語) ISHIDA Taizo
受入年月日 2014/7/21
寸法(幅×高さ×奥行)(mm)
寸法(その他) 180φ×230
被爆地(旧町名) 空鞘町
被爆地(現町名) 十日市町二丁目
爆心地からの距離(m) 約800m
数量 1
内容 空鞘町にあった自宅で被爆した花瓶。玄関の下駄箱の上に置いていたもの。何もかも壊れ、焼けてしまった中、壊れずに残ったこの花瓶を、寄贈者は今日まで床の間に飾り、大切に保管してきた。花瓶は、高熱で焼かれ、黄土色に変色している。
自宅では、寄贈者の母・石田イサオさん、姉の幸江さん、祖父の辰田さんの3人が被爆した。辰田さんはやけどを負いながらもどうにか脱出したものの、イサオさんと幸江さんは脱出することができないまま自宅で亡くなった。一週間かかって古市の疎開先へ逃れ、「二人をよう助けんかった・・・」と語った辰田さんもやがて亡くなった。狩留家へ疎開荷物を運んでいたため無事だった、父・秀吉さんと姉の房江さんは、閃光ときのこ雲を見てすぐに広島市内へ向かったが、横川まで来たところで熱くて市内には入ることができず、ようやく数日後、自宅の焼け跡で半分焼けた遺体となったイサオさんと幸江さんを見つけ、荼毘に付した。
ブロック別 十日市・中広地区
展示説明文 花びん
寄贈/石田泰三氏
爆心地から約900m  空鞘町(現在の十日市町二丁目)
 8月6日、郊外の疎開先に荷物を運んでいた石田秀吉さんと、次女の房江さんは、ピカッと光りを感じ、きのこ雲を見ました。急いで帰ろうとしましたが、市内は熱くて入ることができず、自宅に戻れたのは数日後でした。
 自宅にいた母のイサオさんと三女の幸江さんは、半分焼けた遺体になっていました。火傷を負いながらもどうにか脱出した祖父も「2人をよう助けんかった…」と語り、やがて亡くなりました。
 この花びんは玄関の下駄箱の上に置かれていました。不思議と割れもせず残ったため、秀吉さんが焼け跡から収集し、長男の泰三さんが今日まで大切に保管してきました。高熱で焼かれたため、黄土色っぽく変色しています。 
展示説明文(英語) Flower vase
Donated by Taizo Ishida
Approx. 900 m from the hypocenter
Sorazaya-cho (now, Tokaichi-cho 2-chome)
On August 6, Hidekichi Ishida and his second daughter Fusae were carrying their luggage to their evacuation site in the suburbs when they felt a bright flash of light and saw a mushroom cloud. They tried to hurry back to their house in the city center, but the severe heat prevented them from doing so. It took them a few days to reach their house.
 Hidekichi's wife Isao and their third daughter Yukie were at home on that day. They were found dead, partially burned by the fire. His father-in-law, who suffered burns but managed to escape, said, "I couldn't save them," and died soon after.
 This flower vase had been standing on the shoe cabinet at the entrance of the house and miraculously survived without being broken. Hidekichi picked it out of the burnt-out ruins, and his eldest son Taizo carefully preserved it up to the present. Since it was burned in intense heat, its color turned into ocher.
資料性質 被爆資料
収蔵場所 収蔵庫3

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941