写真

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード 243-H-0219
写真タイトル 西観音町一丁目付近から東北東方向を望む
撮影者(カナ) 米国戦略爆撃調査団(ベイコクセンリャクバクゲキチョウサダン)
撮影者(英語) United States Strategic Bombing Survey
提供者(カナ) 米国国立公文書館(ベイコクコクリツコウブンショカン)
提供者(英語) The U.S. National Archives & Records Administration
撮影日時 1945/10/27
撮影場所 西観音町一丁目
ブロック別 十日市・中広地区
爆心地からの距離(m) 1400
説明 西観音町一丁目付近から東北東方向を望む。243-H-0220と同一地点から撮影したもの。0220の右端とパノラマでつながる。写真中央を左から天満橋、広島逓信局、光道国民学校、本川国民学校、広島県商工経済会、本川国民学校講堂、日本赤十字社広島支部、広島護国神社大鳥居、広島県産業奨励館、千代田生命広島支社、芸備銀行塚本町支店、芸備銀行広島支店、燃料会館、鈴木化学工業倉庫、住友銀行広島支店、三和銀行広島支店、安田生命広島支店、福屋百貨店、日本生命広島支店、広島銀行集会所、中国新聞社、帝国銀行広島支店、広島瓦斯本社、安田銀行広島支店、明治生命広島支店、広島富国館、袋町国民学校、日本銀行広島支店の建物が写る。左側の塀で囲まれた敷地は、観音国民学校の焼跡と思われる。右側の煙突は、風呂屋記念湯のものと考えられる。写真を左から右に流れる川は、天満川。手前の焼跡には、人の姿も見られ、バラックを建てている様子も写されている。また、焼け焦げた市内電車が何台か写り、左から土橋~己斐間で被爆した132号電車、土橋~江波間で被爆した416号、418号、109号、113号、136号電車と思われる車両が写る。

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941