原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード GE01-39
絵の内容 ものすごい火柱が渦を巻いて上昇し恐ろしくもありきれいでもあった
作者名(カナ) 松室 一雄(マツムロ カズオ)
作者名(英語) MATSUMURO Kazuo
当時の年齢 32歳
寄贈者名
種別 市民が描いた原爆の絵(昭和49、50年収集)
情景日時 1945/8/6 (時刻)9:00
情景場所 薬研堀
情景場所旧町名 薬研堀町
情景場所現町名 薬研堀
爆心地からの距離 1,050m
ブロック別 銀山・幟地区
作者の説明 **絵の中
S20.8.6.AM9:00
中心地より1㎞の位置で被爆
雲空の間から数条の光線が出てゐた
きのこ雲以外の空は雲一つない眞夏の晴天であった
ものすごい火柱は渦を巻いて上昇
吸い上げたものが光線にあたり
キラキラ輝き
ものすごく恐ろしくもあり
きれいでもあった

S.49.8. 松室一雄(61才)
サイズ(cm) 38×27
展示の説明文 原子爆弾のさく裂後に出現した巨大な火柱
爆心地から1,000m
1945(昭和20)年8月6日
松室 一雄(原爆投下当時32歳、絵を描いた時61歳)
絵中解説
ものすごい火柱は渦を巻いて上昇、吸い上げたものが光線にあたりキラキラ輝き、ものすごく恐ろしくもありきれいでもあった。きのこ雲以外の空は雲一つない真夏の晴天であった。雲間から数条の光線が出ていた。
展示の説明文(英語) The enormous pillar of fire that appeared after the explosion of the atomic bomb
1,000m from the hypocenter
August 6, 1945
Kazuo Matsumuro (32 at the time of the bombing, 61 when he drew this picture)
Explanation in picture
As the tremendous pillar of fire whirled higher, the debris it sucked up sparkled in the sunlight, at once horrifying and unspeakably beautiful. On this clear mid-summer day, that mushroom was the only cloud in the sky. Here and there, rays of sunlight broke through.

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941