原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード GE02-02
絵の内容 友人と逃げる私、太田川にかかる木橋を足の裏側を火傷している友人は四つんばいになって渡る
作者名(カナ) 高橋 昭博(タカハシ アキヒロ)
作者名(英語) TAKAHASHI Akihiro
当時の年齢 14歳
寄贈者名
種別 市民が描いた原爆の絵(昭和49、50年収集)
情景日時 1945/8/6 (時刻)9:00頃
情景場所 山手橋
情景場所旧町名 山手町
情景場所現町名 山手町
爆心地からの距離 2,000m
ブロック別 三篠・祇園地区
作者の説明 **裏
8月6日 午前9時前ごろ、市内の校庭で被爆、そこを逃れ太田川へ。
私は友人と一緒に逃げた。その友人は足の裏側を火傷をしているので歩くことができない。四つんばいになったり、私の肩をかしてやったりして逃げた。太田川にかかっている木橋を渡った瞬間逃げてきた、あたり一帯から火の手があがった。私たちは必死に逃げた。
高橋昭博 42歳
サイズ(cm) 27×38
展示の説明文 『図録 原爆の絵 ヒロシマを伝える』
〔作者のことばから〕要約
友人と一緒に逃げる
私は友人と一緒に逃げた。友人は足の裏をやけどしているので、歩くことができない。四つんばいになったり、私の肩をかしてやったりして逃げた。
8月6日 午前9時頃
2,000m/山手橋
高橋 昭博
展示の説明文(英語) A-bomb Drawings by Survivors
[Artist's comments]Summarized
Escaping with my friend
My friend and I escaped together. He couldn't walk because the soles of his feet were burned. Sometimes he crawled and sometimes I lent him my shoulder.
August 6, around 9:00 a.m.
2,000m / Yamate Bridge
Akihiro Takahashi

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941