原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード GE02-42-3
絵の内容 広島駅前の切れた電線や瓦礫の中で負傷しすわり込んだ人々
作者名(カナ) 宇野 耕司(ウノ コウジ)
作者名(英語) UNO Koji
当時の年齢 17歳
寄贈者名
種別 市民が描いた原爆の絵(昭和49、50年収集)
情景日時 1945/8/6 (時刻)8:20頃
情景場所 広島駅前
情景場所旧町名 松原町
情景場所現町名 松原町
爆心地からの距離 1,900m
ブロック別 牛田・広島駅周辺地区
作者の説明 **絵の中
8月6日 午前8時20分頃
広島駅前
サイズ(cm) 15.5×21
展示の説明文 壊れたプラットホームとがれきの中に座りこむ人々
爆心地から1,700m、広島駅付近(松原町)ほか
1945(昭和20)年8月6日 午前8時17分~11時ごろ
宇野 耕司(原爆投下当時17歳、絵を描いた当時47歳)
絵中解説
(右上) 広島駅宇品線ホーム
(右中) 同上
(右下) 広島駅前
(左上) 尾長踏切近く(注:広島駅付近)
(左中) 枕木の燃える大洲口宇品線鉄橋
(左下) 倒壊した広島女子商業学校
展示の説明文(英語) The crushed platform and people sitting in rubble
1,700 m from the hypocenter, near Hiroshima Station (Matsubara-cho)
August 6, 1945, between 8:17 and 11:00 a.m.
Koji Uno (17 at the time of the bombing, 47 when he drew this picture)
Explanation in picture
(upper right) Ujina Line platform, Hiroshima Station
(center right) Same
(lower right) In front of Hiroshima Station
(upper left) Near the Onaga crossing (near Hiroshima Station)
(center left) Ties burning on the Ujina Line bridge at Ozuguchi
(lower left) Hiroshima Girls Commercial School in ruins

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941