原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード GE03-15
絵の内容 水を求めて来た人に水筒の水を飲ませてあげる
作者名(カナ) 大田 晴代(オオタ ハルヨ)
作者名(英語) OTA Haruyo
当時の年齢 18歳
寄贈者名
種別 市民が描いた原爆の絵(昭和49、50年収集)
情景日時 1945/8/6 (時刻)13:30~14:00頃
情景場所 紙屋町交差点
情景場所旧町名 紙屋町
情景場所現町名 紙屋町
爆心地からの距離 300m
ブロック別 紙屋町・本通地区
作者の説明 **絵の中
用水
防火用水
**実態調査
時計が止っていて、時刻はよくわかりませんけれど、私も傷の手当をして頂き昼食を終えて姉と妹を捜し歩きましたので、紙屋町交差点にたどりついたのは、1時半から2時頃ではないかと思います。私達軍隊(兵器支廠)では、焼けたヾれ負傷されている方に水は与えない様にと聞いておりましたものですから、そこを、さけて通る積りでおりました所、水筒を引張られまして、立去る事も出来ず一杯あげました所、飲み終ると共に息を引き取られたのです。私は済まない事をしてしまったと思い御冥福を祈り相生橋へと向いました。
サイズ(cm) 25.5×36
展示の説明文 紙屋町交差点、水を求める負傷者に水筒の水を飲ませたあげる女性
爆心地から約300m
1945(昭和20)年8月6日午後1時頃
大田 晴代
展示の説明文(英語) Kamiya-cho intersection: A woman giving water to an injured person who begged her for it
Approx. 300 meters from the hypocenter
August 6, 1945, around 1 p.m.
Haruyo Ota

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941