原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード GE03-27
絵の内容 倒壊した家屋から脱出し、そのまま亡くなった近所の人
作者名(カナ) 上野 馬左登(ウエノ マサト)
作者名(英語) Masato Ueno
当時の年齢 42歳
寄贈者名
種別 市民が描いた原爆の絵(昭和49、50年収集)
情景日時 1945/8/6
情景場所 三川町
情景場所旧町名 三川町
情景場所現町名 三川町
爆心地からの距離 800m
ブロック別 紙屋町・本通地区
作者の説明 **絵の中
上野馬左登 画 S.50.6.25.
(当時-広島市三川町在住)
30年前のこと。-早いもので、私も、もう72才を数えた。記憶は定かではないが、あの悲惨な時のことを思い起し、複雑な気持を抱きながら、私の友人、それも我が家の近隣であったK氏の最後の姿を絵にして見た。氏は平素から、その職業がらであらふ、頑健な体躯であった。私は思ふ、萬身創痍の中にも尚頑健さがうかがえ、私も、もしや、まだ-と至近によりながら顔を見上げたが、僅かに一の字に開いた目から眼球がうかがえた。私は思ふに、氏は、一瞬にして倒潰した家屋の下敷きとなり、至難な脱出を、からくも得たが、その間の出血多量や、特に頭部の陥没損傷と思わるるものが、致命的な結果となったのではなからふか、暫くは去り難く、その場につくなみながら幾度も合掌-そして冥福を祈りながら、帰隊した。私も原爆罹災1号、妻は2号だが、今にいつも思ふことは、もう二度とあってはならない、勿論罹災者だけではない。誰もが同じように叫んでほしいものです。
当時 広島陸軍被服支廠(29687部隊) 庶務部庶務係、警防係勤務
戦後S.23.12.1~S.39.10.1 山口県警察本部警務部警務課、警務部秘書課勤務
サイズ(cm) 38×45.5
展示の説明文 倒壊した家から必死で脱出したが逃げきれず亡くなった男性
爆心地から約800m、三川町
1945(昭和20)年8月6日
上野 馬左登
展示の説明文(英語) A man who died because he lacked the energy to flee after struggling desperately to escapefrom his collapsed house
Approx. 800 meters from the hypocenter
Mikawa-cho
August 6, 1945
Masato Ueno

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941