原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード GE03-39
絵の内容 炎の上を歩いた足裏の火傷のようす
作者名(カナ) 松室 一雄(マツムロ カズオ)
作者名(英語) MATSUMURO Kazuo
当時の年齢 32歳
寄贈者名
種別 市民が描いた原爆の絵(昭和49、50年収集)
情景日時 1945/8/6 (時刻)14:00
情景場所 比治山公園釣橋下
情景場所旧町名 比治山公園
情景場所現町名 比治山公園
爆心地からの距離 1,980m
ブロック別 比治山・仁保地区
作者の説明 **絵の中
両足裏がこげ飯の様に焼けて足から大きなカサフタの様になって離れかけていた。其の間は血は出ずにうす桃色のように見えた。
火の上を歩いて逃げた足
S20.8.6. PM2:00 
竹屋小学校前の旅館の女性で比治山公園釣橋の下で倒れていた
S49.6. 松室一雄(61才)
**裏
被爆地 市内薬研堀
爆心地より1km
サイズ(cm) 27×38
展示の説明文 火災で高温になった地面を歩いて逃げたため、黒く焼け焦げた足の裏
爆心地から2,000m 比治山公園のつり橋下
1945(昭和20)年8月6日午後2時ごろ
松室 一雄(原爆投下当時32歳、絵を描いた時61歳)
絵中解説
火の上を歩いて逃げた足。竹屋小学校前の旅館の女性で、比治山公園のつり橋の下で倒れていた。両足裏が焦げ飯のように焼けて、大きなカサブタのようになって離れかけていた。その間は血は出ずに薄桃色のように見えた。
展示の説明文(英語) The fire had made the ground so extremely hot that fleeing over it turned the soles of her feet black.
2,000m from the hypocenter/Under the suspension bridge in the Hijiyama Park
Around 2 p.m. on August 6, 1945
Kazuo Matsumuro (32 at the time of the bombing, 61 when he drew this picture)
Explanation in picture
She had walked over fire to escape. This woman, who worked at the inn in front of Takeya Elementary School, had collapsed under the Hijiyama Park suspension bridge. The soles of both feet were charred like burnt rice. They had formed large scabs that were separating from the tissue beneath. Between the scab and the tissue was light pink flesh that was not bleeding.

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941