原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード GE04-40
絵の内容 家の下敷きになった母を消防団に助けてもらう
作者名(カナ) 高田 滿(タカタ ミツル)
作者名(英語) Mitsuru Takata
当時の年齢 13歳
寄贈者名
種別 市民が描いた原爆の絵(昭和49、50年収集)
情景日時 1945/8/6
情景場所 段原
情景場所旧町名
情景場所現町名
爆心地からの距離
ブロック別 比治山・仁保地区
作者の説明 **絵の中
学徒動員デ建物解体ヘ出勤中広島駅デ被爆に合って段原のお母さんの所ヘ行ったらお母さんが下敷になって、助けてくれと蚊の鳴くような声を聶き段原の消防団員に助けを救めて下敷になって居たお母さんと二人がこんな姿で。
段原は火が廻らなかったのでおばあさんがたすかった。
大河の家迄歩いて帰てきた弟。段原の消防団が健在だったので運が良かった
。手足顔やけどおして居たか、比較的かるかったか二日目から足が立なくなり、水ぶくれか破れてウジがわいた。
**裏
髙田滿 土建業 43才
サイズ(cm) 38.5×54
展示の説明文
展示の説明文(英語)

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941