原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード GE04-49
絵の内容 電車レールの上にねかされた負傷者に数万匹のハエがおそいかかる
作者名(カナ) 徳本 トシミ(トクモト トシミ)
作者名(英語) Toshimi Tokumoto
当時の年齢 37歳
寄贈者名
種別 市民が描いた原爆の絵(昭和49、50年収集)
情景日時 1945/8/8 (時刻)午後
情景場所 江波線の電車通り
情景場所旧町名 舟入仲町
情景場所現町名 舟入中町
爆心地からの距離 1,300m
ブロック別 吉島・舟入・観音地区
作者の説明 **絵の中
昭和20年8月8日午後 破れムシロにて西日を防いで数万匹のハエに襲われて居る処
住吉橋東詰 舟入仲町
土橋
江波線
舟入本町
観音橋西詰
舟入仲町
死んで居る方
ひふが破れたれ下がって居る
横に寝て居る人
電車のレールを枕にして悪臭プンプン
無表情救の手を待って居る五、六名の人達
赤い処はヤケド
徳本トシミ
**裏
徳本トシミ 六十七才
私は舟入仲町にて被爆 二十五年九月三次に来ました。
旧姓高橋トシミ
全然絵を書いた事の無い者で思ふ様に書けませんでした
サイズ(cm) 27×38
展示の説明文 『図録 原爆の絵 ヒロシマを伝える』
〔作者のことばから〕要約
数万匹のハエに襲われる
電車のレールを枕にして、悪臭プンプン。破れたむしろで西日を防いでも、数万匹のハエに襲われる。
8月8日 午後
1,300m/江波線の電車通り
徳本 トシミ
展示の説明文(英語) A-bomb Drawings by Survivors
[Artist's comments]Summarized
Tens of thousands of flies buzzed around them.
They used the streetcar rail for their pillow. The stench was overpowering. Torn straw mats were put up to shelter them from the sun, but tens of thousands of flies buzzed around them.
August 8, afternoon
1,300m/streetcar street on the Eba Line
Toshimi Tokumoto

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941