原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード GE08-22
絵の内容 収容者名簿の掲示板を見てため息をつく人々
作者名(カナ) 下谷 軍一(シモタニ グンイチ)
作者名(英語) SHIMOTANI Gunichi
当時の年齢 42歳
寄贈者名
種別 市民が描いた原爆の絵(昭和49、50年収集)
情景日時 1945/8/12
情景場所 宇品町東部桜土手付近
情景場所旧町名 宇品町
情景場所現町名 宇品神田
爆心地からの距離 3,900m
ブロック別 皆実・宇品地区
作者の説明 **絵の中
広島市宇品町東部 桜土手附近 昭和20年8月12日
国民義勇隊出勤の行方不明者を探がして歩く
掲示板に喰い入り、みんなタメ息をついている
火葬している所が三つもあった
下谷軍一(72才)
サイズ(cm) 38×52.5
展示の説明文 『図録 原爆の絵 ヒロシマを伝える』
〔作者のことばから〕要約
行方不明者を捜して歩く
国民義勇隊の行方不明者を捜して歩く。掲示板に食い入り、みんなため息をついている。
8月12日
3,900m/宇品町東部桜土手付近
下谷 軍一
展示の説明文(英語) A-bomb Drawings by Survivors
[Artist's comments]Summarized
Walking the city searching for the missing
I walked the city looking for missing members of the Volunteer Citizen Corps. I saw people staring hard at each notice board, then turning away with a sigh.
August 12
3,900m / near cherry tree-lined bank in east Ujina-machi
Gunichi Shimotani

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941