原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード GE10-35
絵の内容 死体を集め大八車に山積みにする警防団員
作者名(カナ) 石川 文恵(イシカワ フミエ)
作者名(英語) ISHIKAWA Fumie
当時の年齢 16歳
寄贈者名
種別 市民が描いた原爆の絵(昭和49、50年収集)
情景日時 1945/8/7 (時刻)昼頃
情景場所 天満町付近の道路
情景場所旧町名 天満町
情景場所現町名 天満町
爆心地からの距離 1,300m
ブロック別 十日市・中広地区
作者の説明 **絵の中
昭和20年8月7日 天満町附近。救援隊の人達が死体を大八車に山積してロープでしばって居た。どの死体も火ぶくれマネキンの様にピンと張りしわもない。虚空をつかんで白い歯をむき出した死体。等々 合掌。
疎開跡だったのだろうか、わずかな芋畠の緑色は珍しい。その中に少女の焦げ茶色の死体。
**裏
広島市内
石川文恵 47才
旧姓 幸本文恵 
**実態調査
焦茶色になった、火傷の死体を車の前からと後からと頭を揃えて重なる様に乗せ、更にその上に山積みに乗せ、麻縄で落ちない様に縛つて死体処理する。郡部からの警防団員の人等。道端には未だ澤山の焦げた死体がころがっている。
サイズ(cm) 27×38
展示の説明文 救援隊の人たちが遺体を大八車に山積みしてロープでしばっていた。どの遺体も火ぶくれ、マネキンのようにピンと張り、しわもない。
展示の説明文(英語) People from a rescue party piled corpses on a large cart and tied them together with rope. All of the bodies had water blisters that stretched their skin so tight it had no wrinkles, like mannequins.

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941