原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード GE13-15
絵の内容 燃える市街と逃げる人々
作者名(カナ) 石津 一博(イシズ カズヒロ)
作者名(英語) Kazuhiro Ishizu
当時の年齢 37歳
寄贈者名
種別 市民が描いた原爆の絵(昭和49、50年収集)
情景日時 1945/8/6
情景場所 京橋付近
情景場所旧町名
情景場所現町名
爆心地からの距離 1,380m
ブロック別 銀山・幟地区
作者の説明 **絵の中
昭和20年8月6日 午前8時15分 雲一つない快晴。朝から雑炊ですっかり汗ばむ。空襲警報解除の気安さでステテコ一つになって表の窓をあけた瞬間ピカッ!閃光と同時にドーンと腹をえぐられる様な大爆音と共に街中が真黄色な煙に包まれたと思ったらピュ-ッと強烈な爆風にグラッと家が倒れてしまった。
果たして何時間たったものかわからないが近所から火の手が上がったらしく、ものすごい黒煙にむせてやっと意識を取り戻した。
大きな木が全身にのしかヽっているので、どうにもならず一時は観念したものの、押しよせる火の手に死にもの狂いで全身血と埃で真黒くなって、どうにか脱出出来た。町並みは道路を中心に両側へバラバラになって倒れている。自分の頭上目がけて一発やられたと思っていたが全市が倒れている。そしてどんどん燃えている
あちらからもこちらからも助けを求める悲痛なさけび声。血だるまになって逃げられた人達も若しかしたら死ぬかも知れないが…まだよい人達…
私の耳の底に30年もの間こびりついて離れないものは…
生きた人が大きな木の下敷きになって足の先からジリジリ焼かれて、もだえ苦しみ、ギャ-ッ!と絶叫した 涙なくしてとうてい聞けぬ断末魔の苦悶のあの声。あヽ。原爆がこわい。原爆がにくい。
石津一博  1975.5
サイズ(cm) 38×54
展示の説明文 『図録 原爆の絵 ヒロシマを伝える』
〔作者のことばから〕抜粋
どんどん燃えている
自分の頭上目掛けて一発やられたと思っていたが、全市が倒れている。そしてどんどん燃えている。あちらからもこちらからも、助けを求める悲痛なさけび声。
8月6日
1,380m/京橋付近
石津 一博
展示の説明文(英語) A-bomb Drawings by Survivors
[Artist's comments]Excerpted
It burned fast!
I thought a bomb had exploded right over my head, but the whole city had tumbled over. And it burned so fast! Voices near and far screamed for help in desperate pain.
August 6
1,380m / near Kyobashi Bridge
Kazuhiro Ishizu

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941