原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード GE13-21
絵の内容 手当てを待つ人々の列、校庭の芋畑いっぱいに並べられた負傷者と死者、火葬する兵隊達
作者名(カナ) 高田 滿(タカタ ミツル)
作者名(英語) Mitsuru Takata
当時の年齢 13歳
寄贈者名
種別 市民が描いた原爆の絵(昭和49、50年収集)
情景日時 1945/8/6
情景場所 大河国民学校校庭
情景場所旧町名 旭町
情景場所現町名 旭一丁目
爆心地からの距離 3,150m
ブロック別 比治山・仁保地区
作者の説明 **絵の中
教室は被災者の待合所 アツイアツイと水求メテ力ツキテ死ンデ行タ人が多カッタ
汚物もタレ流シデ異様な臭いが市内をタダヨッタ
被災者の連ツ 臨時チ療所テント
タンカデ担ギ出サレル死者
身内探シテ居ル人
ムシロカケテ居ルのガ死亡者
外の県ガラオオエンニカケツケタ消防団と軍隊
生て居る被爆者
当時学校の運動場はいも畑だった
被爆者は畑の上に寝て居た
国鉄カラ古イマクラギを死者のダビ用に
軍用のトラックデ街から運んできた死者の山
死体を運ぶ兵隊さん
地獄の様な大河小學校八月六日から約一月グライツツク
被爆死者をだビにシテ居る軍隊生残り軍隊
**裏
高田満 43才
サイズ(cm) 38×54
展示の説明文 『図録 原爆の絵 ヒロシマを伝える』
〔作者のことばから〕要約
地獄のような国民学校
被災者の列、死者の山。「アツイアツイ」と、水を求めて力尽きて死んでいった人が多かった。汚物もたれ流しで、異様なにおいが市内をただよった。
8月6日
3,150m/大河国民学校校庭
高田 滿
展示の説明文(英語) A-bomb Drawings by Survivors
[Artist's comments]Summarized
An elementary school like a scene from hell
The injured stood in rows, the dead lay in piles. Many cried,“I'm hot! I'm hot!”They pled for water until their strength gave out and they died. Waste ran out of their bodies, emanating a terrible stench throughout the city.
August 6
3,150m / schoolyard of Oko Elementary School
Mitsuru Takata

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941