原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード GE13-46
絵の内容 川の雁木で半死半生の時を過す。逃げ送れた被災者は天満川に入った。
作者名(カナ) 中尾 壮一(ナカオ ソウイチ)
作者名(英語) Soichi Nakao
当時の年齢 24歳
寄贈者名
種別 市民が描いた原爆の絵(昭和49、50年収集)
情景日時 1945/8/6 (時刻)10:00頃
情景場所 天満川(東観音町の岸)
情景場所旧町名 東観音町一丁目
情景場所現町名 東観音町
爆心地からの距離 1,200m
ブロック別 十日市・中広地区
作者の説明 **絵の中
原爆投下当日の午前十時ごろの図
爆心地から約千メートルの天満川、東観音町の岸。崩れた家々から自然発火し忽ち一面の火災になった。逃げ遅れた被爆者は天満川に入った。満潮でなければ全滅の運命だった、私もこの絵の雁木にもたれて、半死半生の五時間を過した。雁木は今でも残っている。ときどき雁木に語りかける以外、黙って三十年を過してきた。  中尾壮一
**裏
中尾壮一
サイズ(cm) 38×54
展示の説明文
展示の説明文(英語)

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941