原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード GE14-21
絵の内容 可部線の電車に乗車中炸裂音と同時に線路に待避
作者名(カナ) 小西 トモ子(コニシ トモコ)
作者名(英語) Tomoko Konishi
当時の年齢 26歳
寄贈者名
種別 市民が描いた原爆の絵(昭和49、50年収集)
情景日時 1945/8/6 (時刻)8:15
情景場所 横川駅
情景場所旧町名 横川町三丁目
情景場所現町名 横川町三丁目
爆心地からの距離 1,750m
ブロック別 三篠・祇園地区
作者の説明 **絵の中
1. 横川駅
8月6日 午前8時15分(電車に乗っていました)
・発車のベルと同時に今歩いて来たばかりのホームにピカット白銅色の閃光が走ると同時にドガーンというすごい爆発音がしました。一瞬周囲は暗黒の闇にとざされました。
ホーム側に叩きつけられる様な閃光と爆発音を聞きました。
(乗車口)
8時10分頃可部線の電車に乗車
こちら側のドアも開いており私はこの位置に立っていました。
8時15分炸裂音と同時に反射的に線路に飛下り、待避の姿勢になっていました。
(ハンカチを口中に入れ両指で目と耳を塞いでいました。)
**裏
(8,1)
小西トモ子
**実態調査
自分では反射的に飛び下りたつもりでしたが、後刻。爆風で落とされたんだと聞かされました。
サイズ(cm) 38×54
展示の説明文 発車のベルと同時にせん光が走る
爆心地から1,700m、横川駅(横川町)
1945(昭和20)年8月6日 午前8時15分
小西 トモ子(原爆投下当時26歳、絵を描いた時55歳)
絵中解説
発車のベルと同時に今歩いて来たばかりのホームにピカッと白銅色のせん光が走るとともに、ドカーンというすごい爆発音がしました。一瞬周囲は暗黒の闇にとざされました。
展示の説明文(英語) Just as the starting bell rang, a flash
1,700 m from the hypocenter, Yokogawa Station (Yokogawa-cho)
August 6, 1945, 8:15 a.m.
Tomoko Konishi (26 at the time of the bombing, 55 when she drew this picture)
Explanation in picture
Just as the bell rang signalling that the streetcar was about to depart, a white-copper light seared the platform I had just walked across. Immediately, there was a tremendous boom. Everything went black.

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941