原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード GE14-43
絵の内容 火の海の中を自宅へ向かう作者
作者名(カナ) 道辻 芳子(ミチツジ ヨシコ)
作者名(英語) MICHITSUJI Yoshiko
当時の年齢 19歳
寄贈者名
種別 市民が描いた原爆の絵(昭和49、50年収集)
情景日時 1945/8/6 (時刻)午後6:00頃
情景場所 鶴見橋附近
情景場所旧町名
情景場所現町名
爆心地からの距離 1,650m
ブロック別 比治山・仁保地区
作者の説明 **絵の中
山本芳子
**裏
昭和四十九年七月
道辻芳子
**実態調査
左右から火が迫る中防火用水にシャツを浸たし必死に逃げました。
サイズ(cm) 24×33
展示の説明文 火の海の中を自宅へ向かう作者
1945年(昭和20年) 8月6日午後6時ごろ 爆心地から1,650m 鶴見橋付近
道辻芳子作(被爆当時19歳/絵を描いた年齢48歳) 

両側にお寺がありまして、そのお寺ももう火がついていました。
その道を通らないと、帰る道はありませんでした。
それで着ている服を水槽に浸けてビチャビチャにし、それを身にまといました。
約100mあったと思いますが、その中を必死に走りました。
【作者の言葉より】

*作者の証言映像が東館3階証言ビデオブースで閲覧できます。
展示の説明文(英語) Heading for home through the sea of fire
Around 6 PM, August 6, 1945 1,650 m from the hypocenter Near Tsurumi Bridge Drawn by Michitsuji Yoshiko (19 at time of bombing, 48 at time of drawing)

Along both sides of the road were temples, which were already on fire.
That was the only way for me to go back home.
I wet my clothes in the water of a fire cistern and put it on.
I desperately ran through the road that was about 100 m long.
[Artist’s comments]

* The creator’s video testimony is available in the individual booths located on the 3rd floor of the East Building.

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941