原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード GE15-37
絵の内容 水を求める土手の無数の人々 肉親を探す舟、倒れた朝鮮人他
作者名(カナ) 小林 岩吉(コバヤシ イワキチ)
作者名(英語) Iwakichi Kobayashi
当時の年齢 47歳
寄贈者名
種別 市民が描いた原爆の絵(昭和49、50年収集)
情景日時 1945/8/6 (時刻)16:00頃
情景場所 万代橋
情景場所旧町名
情景場所現町名
爆心地からの距離 890m
ブロック別 国泰寺・千田地区
作者の説明 **絵の中
昭和二十年八月六日午後四時頃
萬代橋フキンノ状況
マルハダカノケガヲシタ人人ガ水ヲ求メル
八月六日午後四時頃の状況
ヤーイ ヤーイ
南方留學生
白ハツノチョーセンノ老人
キミコヤーイ 肉親ヲサガス舟又舟
浅セニオボレテイル町内の人人
七丁目大田さん
焼トタンヲカブッタハダカノ娘サン
頭ニ大ケガヲシテイル七丁目鉄田主人
萬代橋
よろづよはし
上田邸の屋敷跡
サイズ(cm) 38.5×54
展示の説明文 昭和20年8月6日午後4時頃、万代橋付近の状況
絵・文/小林岩吉氏
1945(昭和20)年8月6日午後4時頃
爆心地から約890m 万代橋
「向岸の下が赤い明るい夕日のようだ。よく見れば、多くのけがや火傷をした裸の人たちが水際から上に向かっていたので赤く見えるのだ。東詰橋上を見れば、白い20センチくらいのひげ、杖を放り出し、西方に頭を南に顔を向けて死んでいる朝鮮人、川岸下に降りたタイ国留学生2人、南に向いて橋下を見ている。ブリキのトタン板の下で若い女性が2人、裸でうめいている。少し離れた水たまりに6,7人の男女が、水もないのにあぶないあぶないともがき苦しんでいる。舟が来た。急ごしらえの旗に何々と書いて、○○ヤーイ、○○ヤーイと肉親を求める必死の声。次から次から、あとからあとから川下へ去って行く。」
「あの日と子どもとの別れ」
(「流灯 ひろしまの子と母と教師の記録」原爆犠牲国民学校教師と子どもの碑建設委員会事務局編)より抜粋
展示の説明文(英語) Around 4:00 p.m., August 6, 1945, the scene around the Yorozuyo Bridge
Drawing and text / Iwakichi Kobayashi
Around 4:00 p.m., August 6, 1945
Approx. 890m from the hypocenter Yorozuyo Bridge
"I thought I saw a bright red sunset under the opposite embankment. A closer look revealed that the red I saw was injured, burned, naked people climbing up the bank from the water's edge. On the east end of the bridge lay a dead Korean man with a white beard about 20 centimeters long, his staff flung away, the top of his head facing west, his face looking south. Two Thai students had walked down the riverbank and were looking south under the bridge. Two naked young women were groaning under a tin sheet. In a puddle of water a little ways away lay six or seven men and women who were obviously in agony, groaning, 'Help! Danger!' Even though there was no danger of drowning in that puddle. A boat came carrying a hastily rigged flag on which something was written. Desperate voices continually called the name of a family member. One after another, such boats came downstream."
Excerpt from "That day―Parting from my child"(Floating lanterns―Record by Children, Mothers, and Teachers of Hiroshima Compiled by the Office of the Committee to Erect the Monument to the A-bombed Teachers and Students of Elementary Schools.)

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941