写真

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード 243-H-0118
写真タイトル 広島東警察署内部
撮影者(カナ) 米国戦略爆撃調査団(ベイコクセンリャクバクゲキチョウサダン)
撮影者(英語) United States Strategic Bombing Survey
提供者(カナ) 米国国立公文書館(ベイコクコクリツコウブンショカン)
提供者(英語) The U.S. National Archives & Records Administration
撮影日時 10/26/45
撮影場所 下柳町(現在の銀山町)
ブロック別 銀山・幟地区
爆心地からの距離(m) 1210
説明 広島東警察署の2階バルコニーから1階内部、北西角にあった玄関に向かって。署員の決死の消防活動により内部の被害は少なく、被爆直後から救護所として、翌7日から20日までは臨時県庁として利用された。吹き飛んだガラスの代りに板が張られた窓の前あたりには樽や米俵、木箱などが並んでいる。

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941