写真

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード 243-H-0476
写真タイトル 広島瓦斯広島工場のガスホルダー
撮影者(カナ) 米国戦略爆撃調査団(ベイコクセンリャクバクゲキチョウサダン)
撮影者(英語) Unites States Strategic Bombing Survey
提供者(カナ) 米国国立公文書館(ベイコクコクリツコウブンショカン)
提供者(英語) The U.S. National Archives & Records Administration
撮影日時 11/1/45
撮影場所 皆実町一丁目
ブロック別 皆実・宇品地区
爆心地からの距離(m) 2000
説明 広島瓦斯広島工場の西側のガスホルダーから北西を望む。ガスホルダーの上部。爆風で押し下げられ雨水がたまっている。右端のらせん階段は東側のガスホルダーのもの。その奥には比治山。中央付近に京橋川に架かる比治山橋が見えている。倒壊を免れたガスホルダーの脇に仮小屋を建て、敷地内を整理し、翌1946年4月から市内の残存需要家にガスの供給が再開されたものの、ガスホルダーの修復まで手が回らず、ガスが発生した分だけ供給されるという状態だった。ガスホルダーの使用を再開したのは1947年で、1967年に球形の大型ガスホルダーが新設されるまでその役割を全うした。

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941