原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード GE35-18
絵の内容 4歳位の男の子の四つん這いのまま炭になったような焼死体
作者名(カナ) 池田 キミヱ(イケダ キミエ)
作者名(英語) Kimie Ikeda
当時の年齢 33歳
寄贈者名
種別 市民が描いた原爆の絵(昭和49、50年収集)
情景日時 1945/8/8 (時刻)9:00頃
情景場所 下流川町辺り
情景場所旧町名 下流川町
情景場所現町名 流川町
爆心地からの距離 950m
ブロック別 銀山・幟地区
作者の説明 **絵の中
爆弾が落ちた時、家の前で遊んでゐたのでせう
全身眞黒の炭人間になった四つん這いの四才位の男の子です 両親は家の下敷きで焼け死なれた事でせう見渡す限り焼野原
八月八日午前九時前 合掌
京口門 下流川町辺り
池田きみ江 62才
サイズ(cm) 27×38
展示の説明文 4歳位の男の子が四つん這いのまま炭になっている
爆心地から950m 下流川町(中区流川町)
1945(昭和20)年8月8日午前9時ごろ
池田きみ江(原爆投下当時33歳、絵を描いた時の年齢63歳)
絵中解説
爆弾が落ちた時、家の前で遊んでいたのでしょう。全身真黒の炭人間になった四つん這いの4才位の男の子です。両親は家の下敷きで焼け死なれた事でしょう。見渡す限り焼野原。合掌
展示の説明文(英語) A boy around four carbonized while crawling
950 m from the hypocenter, Shimo-Nagarekawa-cho(Nagarekawa-cho, Naka-ku)
August 8, 1945, around 9:00 a.m.
Kimie Ikeda (33 at time of bombing, 63 at time of drawing)
Explanation in picture
The child, who appeared to be about four, must have been playing in front of his house when the bomb dropped. He was in a crawling position when his entire body was carbonized. His parents probably burned to death under their collapsed house. In every direction was a burnt plain.
Hands together in prayer

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941