原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード GE39-12
絵の内容 木陰の芝生に並べられた負傷者の中から知人を見つける
作者名(カナ) 井野上 忠夫(イノウエ タダオ)
作者名(英語) Tadao Inoue
当時の年齢 35歳
寄贈者名
種別 市民が描いた原爆の絵(昭和49、50年収集)
情景日時 1945/8/6 (時刻)17:00過ぎ
情景場所 縮景園
情景場所旧町名 上流川町
情景場所現町名 幟町
爆心地からの距離 1,300m
ブロック別 銀山・幟地区
作者の説明 **絵の中
原爆の絵.第一.
八月六日午后五時過、
幟町の山科氏宅焼跡はすぐわかったが附近に人影はない。泉邸へ避難していると聞いたので生垣を越して園内に入ると木影の芝生には負傷者が鮪を並べた様に倒れていた。
田中夫人に遭った。倒壊家屋の下から脱出した由、厳父品太郎氏は上半身黒焦げになって足下に倒れていた。「座敷で子供を抱いていました、その子が膝から離れてよちゝと五、六歩行った時、あ……」突き上げる慟哭に狂乱と化して地に伏してしまった。
井野上忠夫 65才
サイズ(cm) 26×35.5
展示の説明文
展示の説明文(英語)

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941