原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード GE40-31
絵の内容 水を求めて川岸で息絶えた人々
作者名(カナ) 武田 明人(タケダ アキト)
作者名(英語) Akito Takeda
当時の年齢 43歳
寄贈者名
種別 市民が描いた原爆の絵(昭和49、50年収集)
情景日時 1945/8/7 (時刻)8:30頃
情景場所 京橋
情景場所旧町名
情景場所現町名
爆心地からの距離 1,380m
ブロック別 銀山・幟地区
作者の説明 **絵の中
№4 八月七日午前八時半頃京橋ニテ
水を求めて又は火傷のくるしみかテスリ又は河岸にて二ツ折にて息絶ゆ
**裏
京橋の両岸並に橋のテスリには水を求めてか身体をくの字に曲げ或は地上にはらばい頭部を河面にゝ死せる人亦数知れず
既に死して流れる人を見る
サイズ(cm) 27×38
展示の説明文 橋の上の死体・川岸の死体・川を流れる死体
絵・文/武田明人氏
1945(昭和20)年8月7日午前8時30分頃 爆心地から約1,380m 京橋
「京橋川岸には上半身を水中に落とし、下半身は岸の上に、そのまま黒褐色に変じた死体がおびただしく並んでいる。おそらく水が飲みたいためにここまで来て息絶えたのであろう。」
手記より抜粋
展示の説明文(英語) Bodies on the bridge, bodies on the riverbank,
bodies floating down the river
Drawing-Text / Akito Takeda
Around 8:30 a.m., August 7, 1945 Approx. 1,380m from the hypocenter Kyobashi Bridge
"A frightening number of blackish-brown corpses lay along the Kyobashigawa River, their upper halves in the water, their lower halves on land. Probably they went to the river to drink and were doing so when they breathed their last."
Excerpt from his memoirs

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941