原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード GE42-23
絵の内容 知人を訪ねて、柱の下敷きになり白骨となった姿を見る
作者名(カナ) 榎本 安枝(エノモト ヤスエ)
作者名(英語) Yasue Enomoto
当時の年齢 20歳
寄贈者名
種別 市民が描いた原爆の絵(昭和49、50年収集)
情景日時 1945/8/8 (時刻)17:00頃
情景場所 堺町一丁目
情景場所旧町名 堺町一丁目
情景場所現町名 堺町一丁目
爆心地からの距離 600m
ブロック別 十日市・中広地区
作者の説明 **別紙
8月8日午後五時頃、堺町一丁目の知人の所に立ち寄り、安否やいかにと思ったところ、どうでも友達のどくろ首を見て、ほんとうに腰が抜ける程驚きました。しかもその傍に奥さんが子供さんを胸にしっかりと抱きしめて、柱の下敷になって死んでいました。家の中にはまだ二、三人の死体があり、私はあまりのことに思わず合掌していました。
涙は止めどなく流れ出て、しばし歩くことを忘れていましたが、ふとあたりに目をやると、町の防空壕の上で力尽き果てた人がうつ伏せになり、息を引取った姿を見ました。
勿論壕の中にも死体がありました。
榎本安枝 (50才)
サイズ(cm) 27×37.5
展示の説明文 知人の所に立ち寄り、安否は如何にと思ったところ、友達のどくろ首を見て、ほんとうに腰の抜ける程驚きました。しかもその傍に奥さんが子供さんを胸にしっかりと抱きしめて柱の下敷になって死んでいました。家の中にはまだ二,三人の死体があり、私はあまりのことに思わず合掌していました。
展示の説明文(英語) I dropped by a friend's place to see what happened. There, I was shocked and frightened out of my wits to find his skull. In addition, pinned under a column nearby were the dead bodies of his wife and child in a firm embrace. The remains of two or three other people were in the house as well. Overwhelmed, I put my hands together in prayer.

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941