原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード NG024-02
絵の内容 看護婦として治療に当たる。「水が飲みたい」「体が痛い」と悲鳴をあげていたその時の声が耳から離れない。
作者名(カナ) 河野 一郎(コウノ  イチロウ)
作者名(英語) Ichiro Kono
当時の年齢 22歳
寄贈者名 芸北町原爆被爆者友の会
種別 市民が描いた原爆の絵(平成14年収集)
情景日時
情景場所 福屋
情景場所旧町名 胡町
情景場所現町名 胡子町
爆心地からの距離 710m
ブロック別 紙屋町・本通地区
作者の説明 **絵の中
私は看護婦として治療にあたりました。
「水が飲みたい」「体が痛い」と悲鳴を上げておられ、その時の声が可哀想で耳から離れません。
サイズ(cm) 27.4×39.4
展示の説明文
展示の説明文(英語)

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941