原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード NG024-28
絵の内容 母と妹と3人で疎開先から父を捜しに行く。仕事場にあった白骨死体が父であろうと母子で骨を拾った。
作者名(カナ) 河野 一郎(コウノ  イチロウ)
作者名(英語) Ichiro Kono
当時の年齢 22歳
寄贈者名 芸北町原爆被爆者友の会
種別 市民が描いた原爆の絵(平成14年収集)
情景日時 1945/08/08 (時刻)10:00
情景場所 本川国民学校前
情景場所旧町名 鍛冶屋町
情景場所現町名 本川町一丁目
爆心地からの距離 410m
ブロック別 平和記念公園・周辺地区
作者の説明 **絵の中
私は小学校四年生でした。
父は広島で仕事をしていて被爆し亡くなりました。
母と私と妹と三人で父を探しに行きましたが、消息は分かりませんでした。

父の仕事場に白骨死体があった。たぶん父のものであろうと母子で骨を拾って帰った。
サイズ(cm) 27.4×39.3
展示の説明文 父であろうと白骨を拾う
爆心地から410m 本川国民学校前 鍛冶屋町(現在の本川町一丁目)
1945(昭和20)年8月8日 午前10時
挿絵/河野 一郎氏
手記/山崎 勧氏(原爆投下当時10歳)
作者の解説
私は小学校4年生だった。父は広島で仕事をしていて被爆し亡くなった。早朝、母が泣きながら仏壇を拝んでいる。「お父さんが帰ってきて3人の子どもを抱きしめて頬ずりしたところで目が覚めた。お父さんは生きていない。魂が帰ってきた。」と。母と私と妹と3人で父を捜しに行ったが、消息は分からなかった。父の仕事場に白骨死体があった。たぶん父のものであろうと母子で骨を拾って帰った。
展示の説明文(英語) Collecting bones we thought might be my father's

410 m from the hypocenter, in front of Honkawa Elementary School, Kajiya-cho (now, Honkawa-cho 1-chome)
August 8, 1945, 10:00 a.m.
Drawing by Ichiro Kono
Text by Susumu Yamasaki (10 at the time of the bombing)

Artist's explanation
I was in the 4th grade. My father was exposed and killed at his workplace in Hiroshima. Early that morning, mother prayed and wept at the family Buddhist altar. She told us, "In my dream, your father came home and was hugging you three kids and brushing your cheeks with his. Then I woke up. He is not alive. It was his soul that came home." Mother, my younger sister, and I set out to look for him, but we never learned what became of him. Figuring a skeleton we found at his workplace was probably his, we brought home some of those bones.

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941