原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード NG034-02
絵の内容 倒壊した校舎の下敷きになった子どもを助けることができず、ただ手を握り、声をかけるだけだった。
作者名(カナ) 加藤 義典(カトウ ヨシノリ)
作者名(英語) KATO Yoshinori
当時の年齢 17歳
寄贈者名
種別 市民が描いた原爆の絵(平成14年収集)
情景日時 1945/8/6 (時刻)10:30頃
情景場所 段原国民学校
情景場所旧町名 金屋町
情景場所現町名 的場町二丁目
爆心地からの距離 1,800m
ブロック別 比治山・仁保地区
作者の説明 **絵の中
助けてあげられなくてごめんなさい
**裏
被爆時の住所
広島市京橋町
(爆心地から1.2km)
当時広島工専電気科1年生
加藤義典
平成14年4月21日 画
**別紙
八月六日の十時半頃、広島は全市が猛火で、火災と渦巻く黒煙に包まれていました。
このころ段原小学校もペシャンコに押し潰され、校舎の下敷きになった子供を救助できないまま火炎に包まれていました。『助けてください!』と地の底から最後の力をふりしぼって叫んでいる声を聴きながら、火の粉を避けて逃げるしかすべはなかったのです。
運動場に設置された防火用水槽に飛び込んで、全身を水浸しにして何度も火の下をくぐり生徒さんの側まで近付いても、大きな柱に挟まれて引き出せ無いのです。
はじめは、校舎の西側に上がっていた火の手も、驚く程の早さでつぎつぎと燃え移り、道具も何もなく手のほどこしようもありません。『元気をだせよ!』とか『日本男子なら泣くな!』とか大声を出して、火の粉が落ちてくる柱の間をはいまわるばかりでした。
悪戦苦闘の結果、どうにか一人だけ助けだし背負って逃げ出した時には、もう入っては行けないほどの火になっていました。もう一人、どうしても助けてあげたい女の子がいました。頬ずりをしてあげられる程、体は殆ど外に出ているのに、片腕が柱と柱に押しつぶされて引き出せなかったのです。『もうすぐ楽になるからね』といって手をあわせました八月六日がくると、私の脳裏に焼き付いたこの光景がよみがえり、助けてあげられなかった子供たちへのすまない気持ちと、無念さで胸のつまる思いがいたします。
平成十四年四月二十日 加藤義典
サイズ(cm) 24×33
展示の説明文 助けを求める声を聞きながら、逃げるしかすべはなかった
爆心地から1,800m 段原国民学校
金屋町(現在の的場町二丁目)
1945年(昭和20年)8月6日午前10時30分ごろ
加藤義典氏(当時17歳)
【作者のことばから】
小学校もペシャンコに押し潰され、校舎の下敷きになった子どもを救助できないまま火炎に包まれました。「助けて下さい!」と地の底から最後の力をふりしぼって叫んでいる声を聴きながら、火の粉を避けて逃げるしかすべはなかったのです。
展示の説明文(英語) I had no choice but to run, away from the voices calling for help
1,800m from the hypocenter Dambara Elementary School
Kanaya-cho (now, Matoba-cho 2-chome)
August 6, 1945, around 10:30 a.m.
Drawn by Yoshinori Kato (age 17 at the time of the bombing)
[Excerpt of artist comment]
The elementary school had collapsed completely, and became engulfed in flames while its pupils remained trapped underneath. “Help!” I could hear the shouts squeezed out with all their remaining strength, but had no choice but to run from the falling sparks of fire.

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941