被爆資料

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード 2101-0901
資料名 湯飲み
資料名(英語) Tea Cup
寄贈者(カナ) 坂本 勇(サカモト イサム)
寄贈者(英語) SAKAMOTO Isamu
受入年月日 2017/6/11
寸法(幅×高さ×奥行)(mm)
寸法(その他) 66φ×72
被爆地(旧町名) 吉島羽衣町
被爆地(現町名) 羽衣町
爆心地からの距離(m) 1700
数量 1
内容 広島市立造船工業学校の2年生だった坂本末人さん(当時14歳)は、学徒動員先の己斐町で被爆した。学校へ戻ると校舎は全焼しており、末人さんは級友たちと一緒に、校門の門柱のそばで一晩を過ごした。翌7日、末人さんは養父の勇三郎さん(当時47歳)を捜しに、吉島羽衣町にあった勇三郎さんの会社へ行った。そこで見覚えのあったこの湯飲みを見つけ持ち帰った。
湯飲みのそばには、湯飲みに手をかけたままの黒焦げの遺体があった。建物疎開作業に出ていた養母のウメヨさん(当時36歳)も、未だに行方不明である。
末人さんは、この湯飲みを勇三郎さんの形見として大事にし、結婚後は妻に「湯飲みを絶対に割らないでくれ」と伝え、タンスの中で大事に保管していたが、いつしか仏壇に祀るようになり、普段から水を注いで、家族で拝んでいた。
末人さんが亡くなった後、末人さんの家族は、少しでも役立ててほしいと、湯飲みを資料館へ寄贈することを決めた。
ブロック別 吉島・舟入・観音地区
展示説明文 湯飲み 
寄贈 坂本勇 
坂本勇三郎さん(47)の湯飲み。
勇三郎さんが勤めていた吉島羽衣町の会社で、息子の末人さんが見つけた。
湯飲みのそばには、湯飲みに手をかけたままの黒焦げの遺体があった。
展示説明文(英語) Tea Cup
Donated by Isamu Sakamoto
This tea cup belonged to Yuzaburo Sakamoto (47). His son Sueto found it at his company in Yoshijima-hagoromo-machi.
The cup was being held in the hand of a charred body.
資料性質 被爆資料
収蔵場所 収蔵庫3

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941