原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード NG052-01
絵の内容 炎に包まれた二階の窓から助けを求める幼女の声。いまだに忘れることができない。
作者名(カナ) 佐々木 智佐子(ササキ チサコ)
作者名(英語) Chisako Sasaki
当時の年齢 19歳
寄贈者名
種別 市民が描いた原爆の絵(平成14年収集)
情景日時
情景場所 広島赤十字病院付近
情景場所旧町名 千田町一丁目
情景場所現町名 千田町一丁目
爆心地からの距離 1,500m
ブロック別 国泰寺・千田地区
作者の説明 **絵の中
タスケテー
炎に包まれた二階の窓より助けを求める幼女の声
未だに忘れることは出来ぬ
私も此の辺りで被爆
日赤病院近く
サイズ(cm) 27×38
展示の説明文 タスケテー
爆心地から1,500m 広島赤十字病院付近
千田町一丁目
佐々木智佐子氏(当時19歳)
【作者のことばから】
炎に包まれた二階の窓より助けを求める幼女の声。未だに忘れることは出来ぬ。
展示の説明文(英語) Help!
1,500m from the hypocenter Near Hiroshima Red Cross Hospital
Senda-machi 1-chome
Drawn by Chisako Sasaki (age 19 at the time of the bombing)
[Excerpt of artist comment]
I heard a very young girl shouting for help from a burning upstairs window. The memory still haunts me.

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941