原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード NG103-03
絵の内容 座り込んで動けない3人の中学生。真ん中の少年は目が飛び出て垂れ下がりそれを左手で受け止めていた。
作者名(カナ) 内田 栄一(ウチダ エイイチ)
作者名(英語) UCHIDA Eiichi
当時の年齢 20歳
寄贈者名
種別 市民が描いた原爆の絵(平成14年収集)
情景日時 1945/8/6 (時刻)9:00頃
情景場所 西練兵場
情景場所旧町名 基町
情景場所現町名 基町
爆心地からの距離 360m
ブロック別 基町・白島地区
作者の説明 **絵の中
昭和二十年八月六日、午前九時頃か
広島市基町西練兵場にて、西町二陸より引返す。一役の人も軍人も亡霊かお化のような異様な姿の人の群衆が、男女のみさかいもつかない其の中三人の仲良しか男子中学生が座り込んで動かない。黒煙の上空が突然バリゝ鳴り響く・・強風が吹き出す。
「早く逃げろ」と声を「僕達もう歩けない」と行きすぎし後方で「お母さん・・・」と絶句が中の少年の目玉が飛び出て垂れ下りて左手で受け止めて居る。
**裏
内田榮一
**別紙
昭和二十年五月二十日、広島市基町
広島第一陸軍病院教育隊に衛生兵として入隊。
八月六日、基町兵舎にて朝食の準備中に被爆す。九死に一生を得る。幸に軽傷で衛生兵として、広島、山口県下にて被爆者の救護に看護の任務に励み、十二月上旬、召集解除と成り復員す。
内田栄一
サイズ(cm) 27×38
展示の説明文 一般の人も軍人も亡霊かお化けのような異様な姿で、男女のみさかいもつかない中、三人の男子中学生が座り込んで動かない。「早く逃げろ」と声をかけたが「僕たちもう歩けない」というので、先に行きかけると後方で「お母さん・・・」と絶句が聞こえる。真ん中の少年の目玉は飛び出て垂れ下がり、左手で受け止めていた。
展示の説明文(英語) Everyone, soldiers and regular people alike, took on a strange appearance like ghosts and other spirits of the dead, and you couldn't tell the difference between the men and women. In the midst of all this, there were three male junior high school students who had just sat down where they were. "Hurry up and get out of here," I yelled at them. They replied, "We can't walk anymore," so I started off but from behind I heard a choked voice say "Mother…" The eyeball of the youngster in the middle had popped out and was hanging down, grasped by his left hand.

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941